ゆみ子の部屋

絹の清水

2020年6月30日

湧水が、多い我が町。

店も清水のそばにありました。何十年前は、アマウリ、スイカ

各家の自慢のつけもの桶が、この清水にならんでいました。

近所のおばあちゃんが、おひつについてるご飯粒と

桶からだしたなすびのつけもの

ささあっと水で洗って、私のお口にいれてくれた。

七歳ごろの私の一番おいしい思い出。

 

 

ブログ
ブログ
  • 2020年6月
        7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
ブログ

ページトップへ